当院の特徴

当院では、鍼灸施術と運動やエクササイズを組み合わせております。それにより、痛みや筋の異常な緊張を緩和することができます。
(例:脳梗塞後の片麻痺の方の施術、腰痛や膝の痛みがある方の施術等)

当院での治療にあたって

鍼灸治療上の注意事項

  • 当院は、完全予約制です。
  • 最初に問診でその症状、痛みの具合、部位、経過、原因その他をお聞きした後に各種検査をさせていただきます。
  • 感染防止のため、刺激部位、手指の消毒などを徹底し、一回限りで使い捨てのステンレス製の鍼を使用いたします。
  • はり・きゅうの他に低周波通電、カッピング、かっさ、などの補助療法を組み合わせて行います。
  • 治療後に頭痛や倦怠感などの症状が、当日や翌日などに一時的にあらわれることがあります。
    これは、加えた刺激に対しての過剰な反応によるものと考えられます。初めは軽い刺激で施術し、経過を見ながら刺激量を変更していきます。
  • 治療効果は、病の性質、原因、また個人の刺激に対する感受性や反応する力によって大きく異なります。慢性的な症状の多くは、治療効果が出るまでに比較的時間がかかります。
  • 高熱のある時・飲酒時等の場合は施術をお断りしております。
  • 食事はなるべく治療の一時間前までにとるようにしてください。
  • 治療後の入浴や運動は差し支えありませんが、倦怠感などが現れた場合は休養をとるようにしてください。
  • 鍼治療により、ときに出血や内出血などがおこります。薬剤や病気により出血傾向が著しい方は注意が必要ですので、前もってお申し出ください。内出血は1~2週間で治り、身体への悪影響はありません。

鍼灸の保険治療について

1) 保険対象

下記1.2.の要件を満たす場合のみ、健康保険の給付の対象となりますが、まずはご相談ください

  • 医師がはり・きゅうの施術について同意していること
  • 保険適用の対象疾患であること
    【はり・きゅう治療の場合の対象疾患】
    • 神経痛(頭・顔・腕・手・足などの痛み)
    • リウマチ(手・足・指などの関節が腫れて痛む)
    • 頚肩腕症候群(首・肩・腕の痛み・しびれ・だるさ)
    • 頚椎捻挫後遺症(頚椎の外傷・むちうち症などの後遺症)
    • 五十肩(肩関節の痛み)
    • 腰痛(腰が痛む、重い)
    • その他、慢性的な痛みのある疾患で、保険者が認めたもの

2) 保険適用の注意事項

保険適用につきましては、次の事項にご留意ください。

  • 医師の同意による同意書の作成につきまして、最初に医師の同意を受けてからそれ以後は、3ヵ月毎に再度医師の同意が必要です。
  • 医療機関との併用における施術は認められません。
    はり・きゅう施術を受けながら、並行して医療機関で同じ傷病の診療を受けた場合は、はり・きゅう施術は、健康保険扱いにはなりません。
    ただし、検査、療養費交付、同意書交付、及びはり・きゅう施術を健康保険で受けている疾患以外の疾患で医療機関を受診された場合は、はり・きゅう施術は医療機関との併用にはあたりません。

3) 保険治療時間

  • 保険治療では、完全な部分治療となり、治療時間は約10~15分です。
  • 施術時間が短い為、全身調整はできません。痛みのある部位を集中的に治療いたします。
  • 短時間施術の為、効果を出すために、週1回以上の通院をお願いしております。
  • 患部治療だけではなく他部位の治療も必要である場合、別途料金をお支払いいただくことで時間を延長できます。
  • 施術時間延長分には保険は適用されず、通常の自費料金となります。

弊社サービス等についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム